パナソニックのSDHCカードをかってみた

2009年08月29日 | Posted by ohsuda in Shopping

デジカメのSDカードの容量に物足りなさを感じてきたので、動画撮影に適したCLASS10対応のSDHCメモリーカードをかってみました。

はじめは激安の大容量SDカードをゲットしようと思いましたが、ちょうど、パナソニックからClass10対応のSDHCカードが発売されたばかりだったので、試しに購入してみました。


SDカード(SDHCカード)の基礎知識

SDカードは、一般的にSDカードと、より大容量なSDHCカード(High Capacityの略)の2種類あり、規格では2GBまでSDカードと呼ばれており、2GB以上(32GBまで)がSDHCカードと呼ばれています。

また、容量以外に「Class」というデータの転送速度にも規格があり、Classの数値が大きいほうが、データの転送速度が速く設計されており、ハイビジョン動画などを撮影する場合には、より高品質な動画を撮影することができます。

例)
Class4:最低保証速度4MB/s
Class8:最低保証速度8MB/s
Class10:最低保証速度10MB/s

写真撮影がメインの場合は、Classが小さい数値でも画質に影響はありませんが、動画撮影の場合はデータを書き込む速度が遅いと、コマ落ちや音飛びが発生しやすいようです。

そのほかには、メディアの耐久性や機器との相性などもありますので、購入前にクチコミやレビューを参考にするとよいと思います。

sdhc.jpg
楽天で「Panasonic SDHCメモリーカード」の最安値をチェック
Amazonで「Panasonic SDHCメモリーカード」の最安値をチェック