Google のオープンソース化の先にあるもの☆彡

2009年12月25日 | Posted by ohsuda in Google

Opensource.jpg

Google のプロダクツは Gmail や Googleマップ をはじめ、そのほとんどの仕様がオープン化され、誰でも無料で利用できるようになっていますが、ひとつだけオープン化されていないモノがあります。

そう、それは AdWords(アドワーズ広告)です。

ワタクシ的にはグーグル依存度かなりが高いため、いままで全くそんなことは考えてませんでしたが、こちらの記事を読んでみて「ん?」と思うところが、いろいろとありました。

たしかに、エンドユーザ的には「無料」という価値観は普遍的に存在するので、一見すると全く問題がないように思いますが、あまりにも一極集中化し過ぎるとIT企業全体の格差が加速し、無料で使い続けることによって、結果としてすべてを Google の管理下で存在するようになるのかなぁと思ってしまいます。 ← いまココ

Google の収益は、そのほとんどがアドワーズをはじめとする広告費なワケですが、そこのロジックをオープン化しない(できない)のは、10年前と変わらずネット企業の広告収入に対する依存度が、いまだに高いことを浮き彫りにしているのでは、とチキンを食べながら思っていますw

 

てか、メリクリ☆彡

 

▼Googleの言う「オープン性」の真の意味とは?
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0912/24/news079.html